管理部・開発課ブログ

スケルトン物件について

「スケルトン」聞き慣れない単語かも知れませんが、テナントの内装状態の事をいいます。一般的にコンクリート打ちっぱなしで、内装設備が無い状態です。

床・天井がない場合もあります。

利点として入居されるテナント様がある程度自由に内装を造ることが出来る事です。

しかし逆に店舗内装設備を一から行うことにより、開業までに時間と金額がかかることが多いです。

退去する際には全ての内装設備を撤去し、入居時と同じスケルトン状態に戻すのが一般的です。

開業する為の資金や、事業における計画など、開業する前の状況がある程度整っている場合であれば、色々と制限のある居抜き物件ではなく、スケルトン物件を選ぶ方が良いと思われます。
まとまった資金力があれば、オープンまでの工期が長いというリスクに耐えられますし、どの様な店舗にするのかイメージが明確であれば、理想通りの店舗を作ることが出来る筈です。

そうした店舗にはきっと愛着が湧くでしょうから、オープンさせた店舗の運営にも力が入り、事業としても成功する確率が高くなるかも知れませんね。

広いリビングをさらによりよく見せたい!!!

IMG_2290
暑い日が続いてます。

賃貸管理部の小川と申します。どちらかというと夏は大好きですね私は。

さて、この暑い中、たくさんのお客様のご来店に感謝している毎日です。

特に最近、管理部ではリビングにおもきをおいてリフォーム工事をしております。

シンプルイズベストってやつですよ☆☆☆

お問い合わせは賃貸管理部まで

次回のちんたい協会セミナーは

台風11号大きな台風でしたが、皆様いかがだったでしょうか。
風が強かったせいか、雨漏りや特に共用部にいろいろ影響があったということもいくつか聞いておりおます。
さて、8月29日になりますが、ちんたい協会セミナー(今までは全住協セミナーで案内)が開催されます。
今回は
「賃貸住宅業界をめぐる行政及び市場の最新動向と展望」という題目でメイン講演と、税理士の先生よりマイナンバー制度のお話、また当社賃貸スタッフより、賃貸現場からの声としてお話いたします。
8月も過ぎて9月10月になってくると賃貸繁忙期に向けての動きも始まってきます。
暑い最中になると思いますが、オーナーの皆様是非ご参加ください。
宜しくお願いします。

高松市のアパート・マンションの賃貸経営で施設賠償保険に加入

 

台風9号、10号は逸れたものの昨日の11号は高松を直撃でした。

経験したことのない風雨で、被害にあわれた方もおられるのではないかと思います。

お見舞い申し上げます

 

さてさて、オーナー様は『まさかのために!』ってことで損害保険に加入され、

台風被害などを保険対応することは良く聞く話ですね。

ところで、マンション、アパートの不備で入居者がケガをしたり、

マンションの壁が剥落して通りがかりの人にケガを負わせるなど、

アパートやマンションの安全性の不備や構造上の欠陥によって、

ある日突然、大家さんに賠償責任が発生することがあります。

IMG_3122
 

そんな“まさか!”のために役立つのが「施設賠償責任保険」です。

 

今、加入している保険に追加できるケースも多いようで、比較的安価にできるようです。

保険内容をご確認してみては如何でしょうか?

 

『ウチの“まさか!”は大丈夫???』って思われるオーナー様の

ご相談窓口はコチラ ⇒⇒⇒ http://kagawachintai.com/owner/

賃貸管理のことなら当社へお任せください!

はじめまして、7月から管理開発課へまいりました金田(かねだ)と申します。賃貸営業約10年のキャリアを少しでも活かせるように家主様に様々なご提案が出来ればと思っております。

賃貸のことはもちろん、些細なことでもご相談ください!