管理部・開発課ブログ

賃貸相続 家屋の修繕

 

IMG_0966
皆さんこんにちは

管理部の中井です。最近、大型看板を設置して見栄えも非常によくなりまして・・・。

さて、本日は、相続対策の中で、家屋の修繕の話です。

(1)相続税の計算上、建物は「固定資産評価額×1.0」とされています。

固定資産税評価額は、当初建築したときの実際の建築費のおおむね50から70%となっています

そして経年で減価償却費相当分の減額がされることとなる

(2)建物にかかる経費は生前に

この相続税の評価方法の特徴を生かすことが出来る。老朽化している建物を不自由な思いで使っているならば、思い切って修繕や改装をしよう。例えば修繕費・改築費に500万円必要だとする。500万円の現金は現金として残っていれば相続財産となる。しかし、修繕費・改築費として使われると建物の評価額に含まれ、課税される金額が小さくなる。

一方建物は修繕・改築によって使い勝手が向上し価値が増加する。ところが相続税法上の評価方法では固定資産評価額が増加しなければ相続税評価額も増加しないことになる。建物の価値は増加しても相続財産は減少するということである。

尚、大規模な修繕や改築でその建物の耐用年数を延ばすような建物の価格の著しい増加があったとみなされたときは、この固定資産税評価額が上がる場合がある。その場合市町村の調査員が来て現況を確認して評価替えをする。固定資産税評価額が改定され評価額が上がるということである。

このように必要な修繕や改築は生前にやっておくことで快適な生活と相続税対策の2つのメリットを享受できるのである。

テナントのご紹介

当社にて仲介させていただきました、『 ほねつぎはりきゅう接骨院レインボー通り店 』が、今月18日オープンしました! ゆったりとした空間で落着きのある雰囲気が印象的なお店になっていました。

♦ 柔整保険施術 ♦ 保険が使えて気軽に通えるようなコースもありますので、【 腰痛 肩こり・・・】の方にはオススメのお店です!

詳しくは ⇩

http://www.honetsugi-group.com/honetsugi/chugoku-shikoku/kagawa/%E3%81%BB%E3%81%AD%E3%81%A4%E3%81%8E%E3%81%AF%E3%82%8A%E3%81%8D%E3%82%85%E3%81%86%E6%8E%A5%E9%AA%A8%E9%99%A2%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%BC%E9%80%9A%E3%82%8A%E5%BA%97/

 

グローバルセンターでは事業用テナント(店舗・事務所・倉庫など)も取り扱っております。

今までにも、大型の商業ビル事務所や一戸建ての小型店舗、マンションの一階部分の単独物件などなど、様々な事業用物件の仲介をさせていただきました。

併せて、遊休地の有効活用なども対応しております。貸地としての募集や倉庫・パーキングなどとしての敷地活用、貸看板などその土地にあった活用を提案させていただいております。

お気軽にご相談・お問合せください!

メールアドレス  info@global-box.jp   ℡ 087-813-5125

☆財産継承時の知識☆

皆さんこんにちは、賃貸管理部の新西です。

IMG_0922
毎日空室空室で頭を抱えて・・・いや抱えたことはありません。

きっちりやれば、選ばれる部屋になると思うからです。

さて、本日の話題は?(えっ?いきなり)

財産継承時の知識であります。

遺産分割は大別して①現物分割②代償分割(調停になることがおおい・・・)

③換価分割(つまり、売って金にする)④共有とする分割

この4つに分かれると思います。

相続税の申告と納税の期限は相続開始があっとことを知った翌日から10ヶ月以内とされています。

したがって、相続人間で遺産相続争いが勃発してしまった場合はもちろん、ただ単に手続きが遅れてしまったような未分割の場合であっても、とりあえず10ヶ月以内に相続税の申告を行い納税する事となる。

未分割の場合は各相続人の取得財産が決まってないわけだから、相続税の計算は相続人が法定相続分に従って財産債務を取得したものとして計算することとなります。

3年以内には決めないと・・・。

 

オフィスの天井高について

テナント課の山崎です。本日はオフィス物件の選び方としてのポイントについて、「天井高」についてご説明します。

オフィスビルを購入する際、テナントの現場の意見としては、オフィスの天井高が充分確保されているか確認が必要です。低い天井では息苦しい空間となり、オフィスの快適性が損なわれます。

オフィスの機能性、スタッフの快適な環境性を考えるなら、最低でも天井高は2.6mは欲しいところです。

古い物件では たまに天井高を低くして階数を稼いでいるところもありますから注意が必要です。理想的なのは天井高2.7mです。これだけあればOAフロアを敷設しても問題ないでしょう。ですが、新築高層ビル以外では天井高2.7~2.8mがとれていない物件が多いです。

オーナー様との懇親を深めるために

グローバルセンターでは、管理オーナー様との親睦を深めるためにゴルフコンペを年2回行っています。
オーナー様とグローバルセンターの社員とで行うコンペ「みのりの会」も開始して6年が経ち、昨日11月3日は第13回目が開催されました。お天気も良く、朝早くからオーナー様、協力業者様、当社社員と約40名で一緒にプレイし、楽しむことが出来ました。
ゴルフの話題もそうですが、普段あまりお話ができないこともオーナー様と話しができてゴルフコンペは大変盛り上がり、会話も弾みます。
今は年2回コンペは行っていますが、それ以外にまた何か企画してオーナー様との親睦をより深めるために考えていきたいと思います。
ちなみにこのコンペは殆ど毎回オーナー様が優勝されます。今回もオーナー様の優勝でした。